地紅茶サミットとは

​​​​​全国地紅茶サミット」は、国内の紅茶生産者・関係者・紅茶愛好家などが、情報交換・発信や交流を目的に集まるイベントです。毎年全国の紅茶生産地で持ち回りで開催されており、これまでに九州管内では、福岡県北九州市、福岡県八女郡矢部村、佐賀県嬉野市で開催されています。水俣・芦北地域では、2013年から地紅茶生産者を中心にサミットに参加して当地域の地紅茶のPRを行うとともに、サミット開催野誘致活動に取り組んできました。その結果、2017年11月に水俣市で「第16回全国地紅茶サミット in みなまた」の開催が決定しました。【これまでのサミット開催地】第1回 2002年 鳥取県西伯郡名和町第2回 2003年 石川県輪島市第3回 2004年 静岡県下田市第4回 2005年 鳥取県鳥取市第5回 2006年 福岡県北九州市門司第6回 2007年 兵庫県多可郡多可町第7回 2008年 高知県高岡郡四万十町第8回 2009年 福岡県八女郡矢部村第9回 2010年 静岡県静岡市第10回 2011年 埼玉県入間市第11回 2012年 岡山県高梁市第12回 2013年 佐賀県嬉野市第13回 2014年 石川県金沢市第14回 2015年 静岡県下田市第15回 2016年 奈良県奈良市